fc2ブログ

20年経過の全館換気システムの改修

築20年の高気密高断熱住宅「リクシル スーパーウォール」のお客様から全館換気システムのご相談をお受けしました。
「生活臭が上手く排出されてない様だ」との事で早速調査させて頂きました。

手前の大きい四角が天井裏に入る為の点検口で、奥の四角は全館換気システムフィルターボックスです。



02_202202130955261f8.jpg
フィルターボックスを開けると毎年業者が有償でメンテナンス作業をしているとの事でフィルターはきれいでした。


03_20220213095528ca8.jpg
点検口から天井裏に入ると全館換気システムの本体がありました。
製造元はイギリスVent-Axia社製で販売元は日本の会社でした。


04_20220213095529f1d.jpg
上蓋を開けると、給気用と排気用の2つのシロッコファンがあり、ガタつきながらですが回っていました。
左側の六角形の熱交換器はホコリが目詰まりしていてほとんど機能していない様子です。


05_20220213095531cbf.jpg
天井裏の排気用と給気用のダクトが分岐されている様子です。


21_202202131028502e3.jpg
トイレの中の排気口ですが、全館換気システムを強運転しても風速計で測定してもゼロでした。



07_202202130955332e5.jpg
ユニットバスの中の排気口(左側)も風量ゼロでした。右の浴室乾燥機の換気機能は、大丈夫でした。


08_20220213095535d8f.jpg
キッチンのレンジフードは、同時給排型で正常に作動していました。


家中の換気設備を点検させて頂くと、全館換気システムの排気側の風量がほぼゼロでした。
09_20220213095536f94.jpg
点検後6つの改修プランをご提案させて頂きました。
①既存の機械換気は取外しダクトを直結して居室の給気口・排気口を全て自然給気口に変更する。
②浴室内の排気口は水蒸気が上がる為、ダクトを塞ぐ
③キッチンのレンジフードを掃除のし易い同時給排式の24時間換気機能付きのものに更新する。
④トイレに24時間換気機能付き壁換気扇を新設する。
⑤2階寝室に24時間換気機能付き天井換気扇を新設する。
⑥居室の天井の既存給排気口にフィルターを取り付ける。


---------------ここからは、実際の改修工事の様子-------------------

10_202202130955389bf.jpg
天井裏にある全館換気システム本体の撤去作業。


11_20220213095540aef.jpg
2階寝室の新設24時間換気扇用の穴あけ、電源スイッチ回路の配線作業。
配線の為、天井のスーパーウォール断熱パネルを一部切断して取外しします。


12_2022021309554120a.jpg
切りくずを掃除機で吸わせます。


13_20220213095543902.jpg
配線する為に切り取った断熱パネルを復旧して発泡ウレタンフォームを充填します。


14_20220213095544740.jpg
2階寝室に新設した24時間換気扇の排気ダクトは屋外まで出さず屋外と同じ空気環境の天井裏にゴミが入らないように下向きにダクトを曲げて排気します。


15_20220213095516ff1.jpg
2階寝室の換気扇と壁のスイッチを隠蔽配線出来た様子です。


16_20220213095517721.jpg
トイレに新たに屋外に向けてφ110の穴を開けその下にスイッチを、


17_2022021309551812c.jpg
トイレの換気扇は解放風量が、強運転で80㎥/h・弱(24時間運転)46㎥/hです。
既存の排気ダクトをグリルにフィルターを付けて給気口をして利用しました。
風速計は、マザーツールSP-82AT測定範囲0.4~20.m/sの規格ですが、いい感じで測定できます。


18_20220213095520629.jpg
こちらは、キッチンのレンジフードを取り外した状態です。


19_20220213095521990.jpg
新しく取り付けるレンジフードもパナソニックの同時給排型で掃除がカンタンです。
高気密住宅では、レンジフードは同時給排型か給気口連動タイプでないと負圧になって上手く排気出来ません。


20_202202130955238a8.jpg
設置完了後、お客様に取扱い説明の際、風速計の数値をお見せして24時間換気運転の上手な利用方法もご説明します。




お客様には、いつも大変お世話になっております。感謝いたします。
ありがとうございました。



by、ひろし






スポンサーサイト



電動給気口と連動のレンジフード交換 (^^♪

20年前の新築時からお世話になっているお客様のお宅で電動給気口連動のレンジフードを交換させていただきました。
新築された当時では、最先端の高気密・高断熱住宅で、換気システムも全館システムで、キッチンのレンジフードも電動給気口連動タイプでした。
取替の見積にお伺いして既存品の寸法を測定しています。



02_20220123154951d20.jpg
左の冷蔵庫の上に電動給気口がレンジフードのスイッチと連動して開く様になっています。
レンジフードには市販のフィルターで吸込み口全体を覆っておられました。



03_202201231549530ac.jpg
20年間お手入れされた結果でアルミ製のグリスフィルターの塗装も剥がれていました。




04_2022012315495468f.jpg
グリスフィルターの奥には掃除が大変なシロッコファンがあります。




------------------ ここからは、取替作業です。 ------------------- 

05_202201231549565e1.jpg
レンジフードを取り付けた後からタイルを貼ってあるのでタイルの目地をカットしています。



06_20220123154957eba.jpg
本体が外れました。



07_2022012315495990d.jpg
付属の型紙で位置合わせして金具を付けて本体を取り付けます。



08_2022012315494601c.jpg
アルミダクトを接続して、別売の給気口連動用コネクターを結線します。



09_20220123154947741.jpg
幕板を取り付けますが、見積の現地調査の際にしっかり測って機種選定しているので「スライド幕板」を使わないので少しですが安価にできます。(固定式の方が安価)



10_2022012315494850a.jpg
午前9時位から作業を開始して午前中に完了です。
取替させて頂いた機種は、パナソニックのFY-60DED3-Sです。
油トルネード機能でお掃除ラクラクです。


お客様には、いつも大変お世話になっております。感謝いたします。
ありがとうございました。




by、ひろし


安佐北区で浴室乾燥暖房機の取付

浴室乾燥暖房機を設置したいのでどのタイプがつけれるか教えてほしいとお問い合わせをお客様からいただきご提案&設置をしてきましたo(^▽^)o

まず、取付可能な機種を選ぶためにお客様に現在ついている換気扇を含めた周囲の写真をメールで送ってもらいました
↓実際に送っていただいた写真↓
浴室1

写真を見ての通り天井は点検口の無いバスリブ、壁はタイル仕上げで換気扇本体は壁掛けタイプがついています。点検口が無いので天井カセットタイプの機種は取り付ける事が出来ません(ダクトや電線の接続が出来ない、故障時の修理が出来ない等メーカーの規定によりNGとなっています)取り付け可能な機種は壁掛けタイプとなります。

壁掛けタイプの機種は大まかに分けて暖房のみの機種と換気+暖房ができる機種の2つに分かれます。今回は暖房と換気扇を並べて設置するのではなく、換気扇を換気+暖房ができる V-241BK-RN を取り付けることになりました。

既存の換気扇電源は100Vなので新たに設置する浴室乾燥暖房機では使えません(浴室乾燥暖房機の電源は200V)既存の換気扇電源に200Vを流したら良いのでは?と思われるかもしれませんが、ほとんどの場合換気扇以外にも電源を送っているので流用することはできません(換気扇と一緒に繋がってる一般機器は100Vがほとんど)。そのため配線工事を行い専用の200V回路を新たに増設します
IMG_7922.jpg

メーカーの規定に従い落下防止を取り付けます
IMG_7923.jpg

既存の換気扇取付木枠に取付金具を固定します。
IMG_7927.jpg

浴室乾燥暖房機の操作はワイヤレスハンディリモコンで操作します。リモコン本体は防水機能がないので浴室出入口の横に取り付けました。
IMG_7932.jpg

取付完了後の写真です、前の換気扇より一回り大きくなった感じです。お客様の感想としては「色合いも周囲に馴染んでいるし、大きさも思ったよりコンパクトで良かった」とおっしゃっていただけましたv(o゚∀゚o)v
IMG_7933.jpg

これから冬に向けて徐々に寒くなってきますので換気扇の取替時期が来ている方や取付を悩まれている方は是非ご相談ください!浴室乾燥暖房機はヒートショック現象対策に有効であるほかにもお風呂を換気・乾燥させてカビを生えにくくする、人の目につく外に干したくない洗濯物を乾かすのにもピッタリです!

価格などもホームページ上に掲載していますので是非ご覧ください 
株式会社ハマイの換気システム紹介ページはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ!

byたかひろ

廿日市市でコロナ対策の換気工事

廿日市市のクリニックの院長先生から、コロナ対策の換気工事の依頼がありました。

こちらのクリニックでは、発熱があったりするコロナ感染の疑いのある患者は、
一般患者とは別の出入り口を設け、診察も別の部屋でされていました。

換気対策は窓をあける対策をされていましたが、夏は暑く冬は寒い状態でした。
現状のお話をお聞きして、改善策を下のイラストの内容でご提案させて頂きました。

【問題点と対策】
①現状の窓をあけての換気では、一般患者のクリーンゾーンに、コロナ感染の
疑いのあるイエローゾーンの空気が流れてくる心配がある。
②窓の開け具合でどの程度空気の入れ替えが出来ているのか分からない。
③窓を開けすぎると冬は寒いし、夏は暑く患者さんも辛く、労働環境も悪くなる。
④換気の仕組みは目に見えずわかりにくく、周知徹底が難しい。

-----------------------------------------------------------------------


改善ポイント①
空気をどこから取込み、どこに排気するか、計画換気をしてイエローゾーンの空気を
クリーンゾーンに行かない様にする。(イエローゾーンは常時陰圧にしておく)

改善ポイント②
CO2センサーを設置して空気の汚れ具合を「見える化」して、数値が悪くなった時
換気扇を強運転に切り替える。(強運転切替のタイミングが分かってくる。)

改善ポイント③
三菱電機の熱交換式換気扇「ロスナイ換気扇」を設置する事により冷暖房した空気の
熱を回収して光熱費も抑える事ができて、冬場の加湿した空気の湿度も保ちます。

改善ポイント④
このポスターを作って、掲示する事により、空気の流れやCO2濃度の「見える化」
で、換気システム全体の仕組みを使う人が理解する事で、安心できる。
-----------------------------------------------------------------------

ここからは、実際の工事画像です。
02_20210801132143039.jpg
ロスナイ換気扇の設置予定場所です。



03_20210801132144572.jpg
壁にφ100のパイプが通る穴を2つ開けます。(本体取付金具を付けた状態です。)



04_202108011321464c6.jpg
屋外から見た画像ですが、外壁はタイルで下地の上に耐火鉄板が貼ってあり開ける
のに大変でした。おまけに屋外の炎天下の作業で・・・・・



05_202108011321474dc.jpg
1台目のロスナイ換気扇がやっと着きました。朝9時から初めて午後2時を回っていました。



06_20210801132131785.jpg
2台目のロスナイ換気扇を取り付ける場所ですが、既存の給気口を利用するので、
穴あけは1か所で済みます。



07_20210801132133867.jpg
2台目の取付が、約1時間半で完了しました。穴あけが1箇所なのと、手慣れてきたので、


-----------------------------------------------------------------------
今回取り付けた「ロスナイ換気扇」の説明・詳細です。
08_2021080113213461a.jpg



09_20210801132136f96.jpg
-----------------------------------------------------------------------

ロスナイ換気扇の24時間換気と強運転を切り替える操作スイッチを現場の看護師さん
が操作できる場所に設置する事にしました。
10_202108011321378f3.jpg
100V電源は、天井裏から分岐して、室内の間仕切り壁に隠蔽配線して、換気扇に
送る配線は床下を通して配線しました。



11_2021080113213884b.jpg
換気扇操作スイッチのそばに「CO2センサー」を置いて、収容人数が増えて、
CO2濃度上昇の注意信号ランプがついたら現場の看護師さんに強運転に
切り替えるお願いをしました。

【今回設置したCO2センサー】
12_20210801132140daf.jpg
-----------------------------------------------------------------------

今回、クリニックの休診日に1日で工事が完了出来て一安心でした。

院長先生には、お立合い頂き、何かと便宜を図って頂きまして、感謝いたします。

本当にありがとうございました。




by、ひろし







梅雨時期の湿度対策の相談を受けました。

金属加工工場のお客様より湿度対策のご相談をうけました。
梅雨時期のジメジメで、金属加工機械の刃物がサビて困る」との事。

まずは、現状を把握する為に三か所に温度・湿度のデータロガーを工場内の
南側・北側・屋外の三か所に設置しました。



01_20210704141559ad5.jpg
データロガーは「ティアンドデイ 温湿度記録計 おんどとり(無線LAN)」です。
スマホやタブレットでどこからでも測定数値を見ることができますが、屋外に
設置したものが最も湿度が高く、北側がその数値に近く、予想通りでした。



02_20210704141600f90.jpg
測定結果に基づいて工場内の北側に大型換気扇を取付けて排湿する計画で
準備を進めます。



03_20210704141602c8d.jpg
設置出来る場所を選定して、寸法を測って準備します。




06_20210704141606e22.jpg
三菱産業用有圧換気扇  EWG-50ETA三相200Vを選定しましたが、
屋外フードと 風圧式シャッターを合わせると30kg位になりますので、頑丈な
取り付け枠を事前に作成して試運転します。



04_202107041416037d9.jpg
24時間タイマーとマグネットスイッチで三相200V電源の大型換気扇を
制御する操作箱も作りました。



05_20210704141605b12.jpg
これは、単相200Vから三相200Vを造るインバーター装置です、作業場に
三相200V電源が無いので、三相200V機器をテストする為に取り付けました。




12_20210704154915cb7.jpg
取付工事当日、雨天決行で屋外にブルーシートを架けて雨合羽を着て
壁スレートを開口しました。(篠田さんご苦労様でした。)




07_20210704141608d72.jpg
無事、大型換気扇用取付枠を取り付ける事が出来ました。






08_20210704141551f48.jpg
換気扇本体を取付けて・・・・・




09_20210704141553a08.jpg
タイマー制御箱を取付けて・・・・・




10_20210704141554338.jpg
晴れた別の日にステンレス屋外フードを取付けて周囲をコーキング処理
をして雨水が侵入しない様にします。




11_20210704141556e34.jpg
最後にドブメッキのワーヤーメッシュを曲げ加工して換気扇を囲い安全対策しました。




お客様からのご要望にお応えする為に、知恵を絞って工夫します。
喜んで頂ける仕事をすることが私の幸せだと思います。
楽しい仕事をさせて頂きお客様には感謝です。

ありがとうございました。



by、ひろし





プロフィール

ひだまりブログ

Author:ひだまりブログ
 株式会社ハマイ(http://www.555-801.com/)のブログです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR