FC2ブログ

太陽光の発電量が最近半分になった!?(緊急出動)

東広島市のお客様から最近発電量が半分になったと電話があり
すぐにお伺いさせていただきました。

屋外に設置してあるパワーコンディショナーを開けて調査します。



01_202005270756392d5.jpg
中を見るとすぐに直流側のスイッチ2つの内の1つが切れている事を見つけました。
このスイッチは、太陽電池モジュールからの直流電気をパワーコンディショナー
から切り離す「開閉器」で、通常切れるはずのないものです。???
とりあえず、商用電源の電圧・ストリングの解放電圧・動作電圧
IVカーブ測定
をして異常がないか点検します。



03_20200527075642696.jpg
お客様に直流側開閉器が一つ切れていた事をご報告して、
測定器で測定して異常がなかった事をご説明しました。
直流側開閉器を入りにして正常動作を確認しました。



02_20200527075640fb0.jpg
IVカーブ測定器戸上電機製PVドクターSPST-A1です。
このデータは、こちらのお宅の実際のデータですが、正常です。
黄色い線の山と、水色の線の山も同じように揃っていて良いです。



04_202005270756438c4.jpg
つづいて、室内にあるリモコンで過去のエラー履歴を確認します。
サービスマン専用のメンテナンスモードを立ち上げて見ましたが、
この1年位はエラー履歴はありませんでした。



05_202005270756456ee.jpg
こちらのお宅は、弊社で約9年半前にシャープ製太陽光3.9kWを
取り付けさせて頂いています。
取付けてからの総発電量44,313と表示されています。
44,313kWh÷9.5年÷3.9kW=1,196kWh(1kWあたりの年間発電量)
1kWあたり年間発電量目安=広島1,180 東広島1,080で当時お客様に
ご説明していたので、良好な結果です。



06_20200527075636ff0.jpg
お客様に機器に異常がない事とエラー履歴もない事をご説明しました。
すると、「3ヶ月位前に、シャープの関連会社が太陽光の点検に来たと、」
リモコンで毎月の発電量が確認できて、前年との比較もできます。
それを見ると発電量がこの3ヶ月が前年の半分でしたので、仮定ですが、
3ヶ月前に点検した際「直流開閉器」を切って電圧測定した後入れ忘れた?

その際おいていった点検表と名刺を見るとシャープ製蓄電池を取扱いしている
業者でした、(最近多いですね。)


何かありましたら地元の「あとあと安心工事のハマイ」にご一報ください。




by、ひろし


スポンサーサイト



家庭用太陽光発電をご検討の方必見!

今回、広島市西区で4.4kwのパナソニック太陽光発電を設置しました。

お客様は夫婦と小さいお子様3人の5人家族で、積水ハウス築20年の
中古住宅を購入してリフォームして2年間お住まいとの事です。
000_20200423114545037.jpg
まずは、見積りですが、家の図面をデジカメで撮らせて頂いてグーグルマップで
周囲の日照条件などを見て総合的に検討します。

■その他にも設置する場合のメリット、デメリットを考えてみます。
①電力使用量や家族構成
 ○電気代の高いご家庭がメリットが大きくなります。
   その理由は、買取り単価が21円に下がって売るより自家消費した方がお得。
   契約によって異なりますが、昼間太陽光で発電する時間帯は買う電気が高い。
 ○小さいお子様の成長とともに電気代が高くなる。
   子供が中学校位になると自分の部屋で過ごす時間が多くなりエアコンなどで
   水道光熱費が高くなってしまいます。
②建物の耐久年数や屋根材の状況
 ○太陽光発電システムはパワコン15年、太陽電池モジュールは25年以上の
   使用が想定されますので、建物と屋根材の寿命がそれ以上が必要です。
 ○屋根の下地材とルーフィング(防水紙)も適正品で痛んでない事も大事です。
③お住まいの場所の環境
 ○日照条件や塩害(海に近い)、積雪(豪雪地域はNG)、強風エリアなど。
   こちらのお宅は、高台で風が強そうなので、支持瓦工法を採用しました。  


■続いて発電シミュレーションをします。  

パナソニックに情報を提供して発電量シミュレーションしてもらいました。
245Wのパネル×18枚 合計4.41kW (南面12枚・東面6枚)
○年間推定発電量 = 5,528kWh/年
○年間発電金額 = 125,793円
 【内訳】 自家消費分 41,205円 (単価27.47円にて計算)
       売電する分 84,588円 (単価21.00円にて計算)

■経済効果を算出
 ○リース料金月額10,388円×10年リース支払総額¥1,246,560円
 ○10年間発電金額=¥1,257,793円(10年間災害を含めた保証付き)
  ※電気使用量が増えるほど経済効果は大きくなります。

つまり、10年間節約した電気代でリース料金が払えて、
リース満了後自分の物になり、それ以降の発電した分お得です。



◆ ここからは、「あとあと安心工事」の内容をご説明します。

まずは実際屋根に上がって実測して屋根が傷んでないかなどチェックします。
00_20200423114546c61.jpg



セキスイSH-A瓦(平板瓦)で、一段おきに釘打ちしてありました。
01_20200423114548663.jpg



瓦割図面をCADで作成して、それを基にチョークで屋根に印をつけます。
02_20200423114549803.jpg



屋根工事の前に足場屋さんに安全対策として足場を組んでもらいました。
うちは安心して任せられるので株式会社ZACさんにお願いしてます。
03_20200423114551132.jpg



コンパネに切り込みを入れて足場パイプに掛けて材料置き場を作りました。
04_20200423114552c2f.jpg



東面はカーポートがあり足場を組むのが難しかったので、瓦を剥いだ所から
ステンレス線で落下防止板を支持します。
プラスチック製ネジ箱の裏には、滑り止めのラバーシートを貼っています。
05_20200423114554bc8.jpg



既存の瓦を外してアルミ架台を受ける為の金属瓦(支持瓦)を所定の位置に
取り付けますが、屋根下地の垂木にネジを効かさないと弱いので、合板を
垂木に固定して、その合板と屋根下地にダブルで固定します。
06_20200423114555167.jpg



地震や積雪などで支持瓦に大きい重量がかかった時、周囲の瓦を割る恐れが
あるのでプラスチック製くさびを支持瓦の足に差してそれを防止します。
足の位置からずれない様にコーキングで接着します。
07_2020042311455753a.jpg



プラスチック製くさびが支持瓦の足を受けた状態です。
08_20200423114536d6f.jpg



支持瓦が配置された状態です。
09_2020042311453724a.jpg



支持瓦にアルミ架台を取付けますが、糸を張って高さ調整をします。
10_20200423114539e61.jpg



モジュールを設置する前にPVケーブルとアース線を保護管に入れて設置します。
11_20200423114540176.jpg



ステンレスワイヤーを横に渡してそれにPVケーブルをアルミ線で縛り下の瓦に
直接あたらない様にします。(長期間風で動くとPVケーブルがこすれて傷む為)
12_2020042311454278e.jpg



3系統のPVケーブルとアースを接続箱まで配管しますが強風で動かない様に
雪止め金具を加工して配管支持しました。(多くの施工実績から創意工夫です。)
13.jpg



東面モジュール6枚設置が終わりました。
14.jpg


南面モジュール12枚は6枚+6枚の2系統です。
15.jpg



モジュール設置後先端に化粧カバーを取付けます。配管は高耐久の二層管です。
16.jpg



工事が終わり後片付けです。時折風が強く吹く事もありましたが無事終了です。
17.jpg



屋根の上から配管を下ろしますが、雨水が家の方によぼわない様に
にリップを取ります。(「よぼう」は広島弁?つたわない様の意味かな)(^^;)
19.jpg



接続箱は後々点検し易いように低い位置に取り付けました。
20.jpg



洗面所に家の分電盤がありましたので、その横に接続用ブレーカー・
電流検知センサー箱・パワーコンディショナーを取り付けます。
21.jpg



パワーコンディショナーの上部を放熱の為15cmあけて見た目の良い様に
配置しました。(ほとんどのお宅が洗面所にパワコン設置になります。)
状況によっては、屋外に設置する場合もあります。
22.jpg


工事内容は、そこそこで異なりますが弊社では「あとあと安心工事」をモットーに
お客様への最善をご提案してご満足いただけるよう努力致します。


お施主様には色々ご協力いただき感謝いたします。
ありがとうございました。



by、ひろし


16年経過のシャープ製パワコンの交換

設置して16年経過したシャープ製のパワコンを取り換えます。




庄原市のお宅で、雪の多い地域なので屋根の勾配もきつく7寸勾配です。
設置の際に苦労した記憶がありますが、私も若い頃なので・・・・・
00_2020030416151896c.jpg



古いパワコンの配線を取り外します。交流側は、開閉器がありますが、
直流側は250V位あり、ショートさせない様に絶縁テープを巻きます。
02_20200304161521777.jpg



パワコン本体は結構重いですが、頑張って外しました。
03_20200304161522c06.jpg



新しいパワコンの背板を水平器を見ながらビス止めします。
04_20200304161524cef.jpg



パワコン本体に配線を通す穴を開けます。新しいパワコンの外装は
樹脂製で施工性が良くなっています。
05_2020030416152504d.jpg



本体を掛けて、電線管を接続して配線の準備をします。
06_202003041615270d9.jpg



配線一本一本丁寧に接続して行きます。
太陽電池モジュールからの電線を繋いで電圧を確認します。
07_2020030416152875a.jpg



古いリモコンを取り外します。
08_20200304161530384.jpg



新しいリモコンで各種設定をして試運転します。
09_20200304161531bfa.jpg




作業開始から約2時間で作業終了しました。
10_20200304161517603.jpg



こちらのお宅は、三世帯同居の大家族で電気の消費量も多く
アフターFIT後で買取り金額が7.15円と安くなっても自家消費で
経済効果のあるので、取り替えて良かったと思います。

これからは、太陽光発電は自家消費の時代ですね。


by、ひろし



海田町でアパート屋上に太陽光発電設備を設置

こんにちは!たかひろです!

本日、8月24日から着工していた太陽光発電設備の設置工事が無事完了しました!
途中長く雨が降ったりして工事予定を立てるのに苦労したのでホッとしてます
また、設置するにあたり施主様や入居者の方々や、近隣の方々のご理解やご協力もあり工事をスムーズに進めることが出来ました!以下はそんな工事の様子の写真です。

↓墨出し作業の様子、レーザーやレベルを使って位置やそれぞれの位置の高さを確認、墨に合わせて型枠を組みます↓


↓隣の棟へは仮設階段を設置し工事期間中は移動しました↓


↓屋上まで続く階段の出入口が狭かったので仮設足場も設置↓


↓引抜強度試験の様子、1つの基礎に対しケミカルアンカー施工、SUSの3分でしっかり4か所打ってます↓


↓型枠設置の様子、この日は特に暑い日でした


↓レッカーでの荷上げ&コンクリート打ち、隣接する方のご了解を得て敷地上方を通させて頂きました。ご協力ありがとうございました。


↓架台の組み立てみんな手馴れて2日程で終わりました↓


↓パネルの設置↓


↓電気の契約変更に伴う停電作業、太陽光を接続する共用灯の契約が単2契約だったため単3契約へ変更。アパートの為引込が共同引込だったので建物全体の停電作業が必要でしたが、1週間前に各住戸をまわり説明や告知文を各階へ掲示していたので大きなトラブルも無く無事に切替作業が出来ました


↓パワコンの設置、建物と建物の間で子供が通って頭をぶつけたりしても危なくないよう角にクッション材を付けました。また、雨が直接かからないよう庇も設置↓


↓経済産業省や中国電力への手続きも出来ていたので、停電作業後すぐに運転開始をすることができました!↓


今回も無事故無災害で作業を終えることができました!太陽光は買取価格が年々下がっており電気を売って儲けることは難しくなっていますが、電気の使用が多い事業者様等では自家消費型として設置する、アフターFITを迎えられる方もV2Hを使用し、電気自動車に電気をためたり、エコキュートでお湯を沸かしたりする。また、千葉の大停電でも電気自動車とV2H、太陽光があれば電気を使うことが出来ます。太陽光発電設備は活躍できる場所がどんどん増えてきています。ご興味のある方はお気軽に当社へお問い合わせください。それでは!

FIT終了後の再エネ電気買取価格発表!

こんにちは。かずねです。

中国電力のHPにて、再生可能エネルギー
固定価格買取制度(FIT)終了後の買取価格が発表されましたね!


その価格、なんと・・・

7.15円/kWh!


SnapCrab_NoName_2019-4-27_9-23-13_No-00.png
   ※クリックすると中国電力のページに移動します。




これまで、この制度により 48円/kWh で買い取られていたものが、
2019年11月からは 7.15円/kWh となり、
なんとその差 -40.85円85%ものマイナスとなってしまうのです。
(※2009年11月に連携した家庭用太陽光のケース)


これは例えば、家庭用太陽光の売電額が年30万円あったご家庭で、
これからは、売電収入が年間 \45,000 になってしまうということです!

な、なんだってーー


2019年11月。半年後に迫った「2019年問題」を受け、
買取価格が7.15/kWhとなってしまうご家庭はどうしたらいいのでしょうか?


その答えは、自家消費 にあります。


理由は3つあります。

まず、電気代が安くなること。

・世帯当たりの電気使用量は平均約 4,618 kWh/年
  (資源エネルギー庁平成21年度民生部門エネルギー消費実態調査より)
・そして、電気代は
  25.31円/kWh + 再エネ賦課金 2.95円/kWh = 28.26円/kWh
  28.26円 × 4,618kWh = 130,505円(年間電気代)
 つまり、一般家庭は毎年 130,505円 の電気代を支払う計算となります。
   (※中国電力・シンプルコースの場合)

・一方、売電価格 7.15円/kWh の太陽光発電分の電気を自家消費した場合、
   28.26円/kWh - 7.15円/kWh = 21.11円/kWh
   21.11円/kWh × 4,618kWh ≒ 97,486円
 
・つまり、 28.26円/kWh の電気を購入するより、
  売っても 7.15円/kWh にしかならない電気を自家消費するほうが、
  年間 97,486円 得をするということになります!


あとふたつの理由、再エネ賦課金のことや、
ガソリン代が電気代に代わると安くなること、

そして、自家消費をするためにはどうしたらいいか?については
詳しくはこちら(ハマイのHPへ移動します。)


2019年問題とは?誰が売電価格が下がってしまうの?
ということについて、詳しくはこちら(ハマイのHPへ移動します。)



今回は数字が多くなってしまいましたね。
それでは、このへんで・・・

byかずね


ハマイモデルハウスの特設ページはこちら

V2Hの特設ページはこちら

ハマイのHPはこちら
topロゴ2 (002) - コピー


プロフィール

ひだまりブログ

Author:ひだまりブログ
 株式会社ハマイ(http://www.555-801.com/)のブログです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR