FC2ブログ

鉄筋コンクリート住宅に防犯カメラ取付ました。

鉄筋コンクリート造3階住宅に防犯カメラ4台を取付けさせて頂きました。

鉄筋コンクリート造は木造住宅とくらべて穴をあけたりネジを止めたり
するのも大変です。コンクリート壁に穴を開けるのに振動ドリルを使い
ますが、穴あけ開始側から反対側が弾けるので、なるべく小径のキリで
最初に開けてその後、必要サイズのものであけます。



01_20210428105438b78.jpg
ドーム型カメラ用の取付ブラケットですが、直接外壁に取り付けるのではなく
樹脂ボックスを間に入れます。更新の際も壁に傷や跡が残らないし、外壁塗装
も養生しやすいと思います。




02_202104281054404d6.jpg
壁面との間には防水ブチルテープを貼ってコーキングはしません。
壁に2本のアンカープラグを打ってねじ止めします。




03_20210428105441b64.jpg
水平器をのせて微調整しながら固定します。




04_20210428105443512.jpg
PoE給電ケーブルの先端を加工してLANのモジュラーコネクターを取付けます。




09_20210428131631550.jpg
PoE給電のコネクターの加工は高齢者の私にはなかなか困難です。
8本の心線を整線して小さな穴の空いた樹脂製「ロードバー」と言う部品に
色を間違わないように挿入しないといけません。(見えずらい・・・・)




05_20210428105444326.jpg
加工したコネクターを接続して、防水用の自己融着テープを巻いて蓋をしめます。




07_20210428105447ffb.jpg
1階の駐車場の壁面にビニル電線管を配管してLANケーブルを配線します。




06_20210428105446805.jpg
今回の防犯カメラシステムは、NVR(ネットワークビデオレコーダー)に
PoE給電IPカメラ4台を組合せました。
インターネット回線とレコーダー本体は3階にあり、そこからLANケーブルを
壁の中の電話線用の配管に通して1階のPoE給電ハブに接続して4分配
して「PoE給電LANケーブル」に電源重畳させてカメラへ配線を各一本で
済ませてコスト削減をしました。


今回もお施主様には、大変お世話になりました。
感謝・感謝です。ありがとうございました。



by、ひろし






スポンサーサイト



プロフィール

ひだまりブログ

Author:ひだまりブログ
 株式会社ハマイ(http://www.555-801.com/)のブログです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR