fc2ブログ

スレート屋根を改修して太陽光発電設置

東広島市でスレート屋根の建物に「太陽光発電を設置できないか」と相談を受けました。

弊社は太陽光発電の設置を始めて25年になりますが、一度も雨漏りさせた事がありません、それは、雨漏りしそうな屋根への設置をお断りしてきたからだと思います。
もう一つは雪の多い地域での設置をほとんどやっていなかった為です。雪の多い地域では、雪の重みで瓦を割ったり、「すが漏れ」を起こしてしまうからです。
【屋根のすが漏れとは? 屋根や軒先に積もった雪が室内からの熱や日射で溶かされ水になり凍結し、水をせき止めてしまい屋根材の隙間から室内へ水漏れが起こる現象です。】


この建物はすでに雨漏りを起こしているとの事で、シモヒロ建装(弊社の屋根工事協力業者)と屋根に上がって調査をしました。
02-2.jpg
うちが雨漏れさせてないもう一つは、「プロの屋根屋さん」と組んでやっている事だと思います。
シモヒロ建装さんが雨漏れの原因と思われる箇所を見つけました。
スレート屋根材は軒先から葺いて行って、棟側の最後のスレート材を固定する釘は棟包み板金をかぶせて納めるものです。
釘の隙間から雨漏れしていた様子です。
屋根工事の際にスレート屋根材の枚数が足らなくなったかも?



雨漏れしているとなると、屋根の下地材が腐っているか心配です。
今度は、屋根裏に入って調査しました、幸いにも下地材は腐ってないようでした。
03_2022061408375720a.jpg



今回調査の結果、スレート屋根の上にカバー工法で、ガルバリウム鋼板の立平葺にするお見積りをさせて頂きました。
費用的には、屋根工事・雨樋工事約140万円、足場工事約30万円です。
お客様に承諾いただき工事を始めさせて頂きます。
04_20220614083759bc1.jpg



この度の屋根工事のポイントはコストを抑える為に既存のスレート材を残してその上に粘着テープの様なルーフィング(下葺材)を施工する事です。
05_20220614083800b93.jpg
エコタック
屋根全体に粘着ルーフィングを被せた状態です。
06_202206140838025bd.jpg


屋根の寸法どりをして、工場で加工したガルバリウム鋼板をレッカー車で屋根に荷揚げして並べて行きます。
07_2022061408380306b.jpg


縦葺き屋根は、屋根の傾きと同じ方向に溝が切られています。 そのため、雨水は軒先まで留まることなく流れ、水の通り道に板金のつなぎ目もないため、雨漏りしづらいく太陽光発電設置にも適しています。
08_20220614083805842.jpg


強風に耐える様に屋根の母屋C形チャンネル鋼材にしっかりネジ止め(ここが重要!)
09_20220614083806a43.jpg


水が回らない様にしっかりコーキング処理
10_2022061408375328e.jpg


せっかく足場を組むので、雨樋も一緒に取り替えた方がお得です。
11_2022061408380809a.jpg


今回太陽光発電モジュールを固定するのに採用するハゼ掴み金具です。
12_20220614083752852.jpg

pv.jpg

屋根改修工事も無事に終わりました。 

屋根工事協力業者:株式会社シモヒロ建装 代表者:下岡博昭
 
専門分野:金属屋根工事・屋根板金・雨樋工事・工場折板屋根など(瓦屋さんではありません)

住所: 〒737-0015 広島県呉市船見町3−3−204 

連絡先: 下岡社長携帯090-1333-2596
(社長も職人なので、電話にすぐ出られない事もあります。)

腕のいい職人が3人でやってます。外の仕事が多く顔が黒いので見た目は怖そうですが、とても良い人ですので、お困りごとがありましたら電話してみてください。ハマイにでもいいですよ。


それでは、近いうちに太陽光発電設置工事もアップします。

では、



by、ひろし
















プロフィール

ひだまりブログ

Author:ひだまりブログ
 株式会社ハマイ(http://www.555-801.com/)のブログです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR