fc2ブログ

太陽電池パネル64枚23kwの設置をしました。

新社屋の屋根が完成して「電気を自給自足できる家」の要となる太陽光発電システムを設置します。
3階建ての屋根の上で風当りも強く台風が来ても安心な設置をします。
屋根材は、今最も人気のガルバニュウム鋼板の立平葺き(縦ハゼ葺きとも言われています。)に、屋根にネジ穴をあけない掴み金物で設置します。




設置場所の海田町は、国の定めた基準風速が「34Vo」のエリアです。その他に地表面に建築物や樹木等の障害物の有無による「地表面祖度」や設置する地上よりの高さも考慮する必要があります。
強い風が吹くと屋根材を上に持ち上げる力が働きますが、それには屋根材を固定しているネジの引き抜き強度が重要です。
一般的な施工では、下地の構造用合板にのみ効かせています。それだと冬場にネジが結露して長期的にみると弱くなってくる可能性があります。

垂木ピッチ3




03_2024020716492294d.jpg



04_20240207164924064.jpg



今回、掴み金物を色々検討した結果「スワロー工業のピーチロック」を採用しました。
スワロー工業の設置基準書に基づき3点支持施工をします。(1枚のパネルを上下3か所で固定)
先ずは、墨だし位置決めから始めます。
05_20240207164926747.jpg


掴み金物設置完了しました。
06_20240207164927d45.jpg


ステンレス線を張ってモジュールケーブル配線を適所に配置します。
07_20240207164929d27.jpg


荷揚げ機で太陽電池パネルを屋根の上に揚げます。
08_20240207164909b43.jpg


太陽電池パネルの配線を接続しながら設置してゆきます。
09_20240207164911428.jpg



10_20240207164913141.jpg


端末の金具です。
11_20240207164916b1f.jpg


中間の金具です。
12_202402071649180a9.jpg


上下2種類の異なる太陽電池パネルを設置しているので金具の位置も異なります。
左(水下)側は、パナソニック293WのHITパネル28枚8.2kWで、右(水上)側は、エクソル415W18枚7.47kWが2組合計36枚です。
①1階社屋用8.2kW・②2階住宅用7.47kW・③3階住宅用7.47kWと3つの太陽光発電システムの太陽電池パネルです。
13_20240207164916983.jpg



現在の太陽光発電の買取り単価は、16円(10年間)で売電するより自家消費する方が断然有利です。
オール電化の一般家庭の場合、消費電力が月間500kW/h・年間6,000kW/hくらいですが、
7.4kWの太陽光発電システムで海田町の場合発電量が年間8,800kW/hなので昼間の電気は、ほぼまかなえます。
発電しない時間帯は電力会社から電気を買わないといけませんが、エコキュートを昼間に沸かす使い方をしたり、V2Hに電気自動車をつなぎ蓄電池代わりに利用すると更にお得になると思います。
ここで、蓄電池を設置すると良いと思われるかもしれませんが、現在の価格では蓄電池には経済効果は見込めません。
14_20240207164916496.jpg


この建物は「電気を自給自足できる家」を目指してパナソニック製のV2Hを設置して、マツダのロータリーEV車を接続して自家消費型太陽光発電システムの実証をして結果をご報告しますので、ご期待下さい。


by、ひろし









スポンサーサイト



プロフィール

ひだまりブログ

Author:ひだまりブログ
 株式会社ハマイ(http://www.555-801.com/)のブログです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR