FC2ブログ

21年経過したパワーコンディショナの取替

安芸郡熊野町で太陽光発電システムのパワーコンディショナが
はじめて故障したお客様からのご依頼で修理にお伺いしました。

21年前に、どこか別の業者で設置されたとの事でしたが、その業者は
すでに廃業されていて、ホームページで弊社を見つけてくださって
お電話いただきました。

パワーコンディショナは、三菱電機製のPV-PN04B3で「E-00」エラー
連系リレー異常でした、センサ基盤か制御基板を交換すると修理
可能ですが、この時期の部品は高価で、修理費用が5万円を超える
ので、買い替えをおすすめしました。




弊社では、パワーコンディショナの買替をしていただく前には必ず
屋根の上の太陽電池モジュールが正常に働いている事を確認します。
戸上電機のIV特性測定器SPST-A1を使って、IVカーブをみます。
下の赤青黄3つの線のカーブが同じように右下がりの山になって
いるので、こちらのお宅のストリングは正常です。

太陽電池モジュール8枚が直列に繋がって一つのストリングです。
8直列×3系統24枚の構成で、3.2kwの出力で、パワコンに残って
いたデータで、これまでに79,873kw/h発電していました。

79,873kw/h÷3.2kw=24,960kw/hで、それを21年で割ると1kwあたり
年間1,188kw/h発電した計算になりますので、十分に発電していた結果
でした、パワコンを交換するとこれからも働き続けてくれると思います。
01_20201014155841bda.jpg




今では、エコガイドとかHEMSの装置で安価に簡単に電気の自家消費
と売電量が分かりますが、当時はこんな装置が必要だったんですね。
02_20201014155843c6f.jpg



大きな計測装置と主幹を分岐するBOXが取り付けてありましたが、
計測装置は必要ないので、取り外します。
03_20201014155844f87.jpg



30分ほど停電させて頂いて要らない配線を撤去して古いパワコン
もとりはずします。
04_2020101415584696d.jpg



古いパワコンを取り外した状態ですが、配線の取り出し位置が、
右上でしたが、新しいパワコンは右下になるので変更します。
05_20201014155847f41.jpg



新しく取り付けるパワコンは、「エクソル」と言うメーカー製ですが、
実は、製造元は三菱電機ですので品質面でも安心ですし、万一の
故障の際も弊社で修理対応できます。今年の3月末で三菱電機は
太陽光発電事業から撤退しましたが、OEMとしてパワコン製造は
続けて行くと言う事なので、「エクソル」を採用する事にしました。
元付いていたパワコンも三菱電機製でしたので、本体サイズも
ほぼ、同じなので古い跡もカバーできます。
06_20201014155835c91.jpg




メンテナンスも慣れた製品なので、マニュアルを見なくても設定が
出来ます。
07_2020101415583733f.jpg



停電時間30分も含めて約2時間で作業完了しました。
08_202010141558385c7.jpg


パワーコンディショナの設計寿命は15年と言われてますが、個体差
があり、10年以内でも故障するものもあり、20年以上故障なく運転
できるものもありますが、ちゃんとした施工と、保守メンテナンスが、
大事だと思います。

屋根の上の太陽電池モジュールも特定の機種ですが、不具合から
早い時期に発電不良になる場合がありますので、注意が必要です。

環境配慮の観点からも、なるべく長く太陽光発電システムを使い
続けて、ゴミにしない様にしたいですね!

弊社では、多くの太陽光発電システムの施工、保守を手掛け
シャープ・パナソニック・エクソル(三菱電機製)のパワコンを
他メーカーからの取替(メーカーマニュアル順守)可能ですので、
お気軽にご相談下さい。







by、ひろし





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだまりブログ

Author:ひだまりブログ
 株式会社ハマイ(http://www.555-801.com/)のブログです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR