fc2ブログ

25年経過のパワーコンディショナ交換しました。

先日、電気自動車の200Vコンセント工事をさせていただいたお宅に見覚えのある古いパワーコンディショナーがありました。
お客様のお話をお聞きすると25年前に設置をされてとの事でした。



「多分動いていると思うけど、発電表示が見えないので良く分からない」と言われました。
緑の運転ランプが点灯しているので動作はしているようです。
銘板を見ると、京セラPVN330で製造者は三菱電機でした、弊社は長年三菱電機製の太陽光発電システムを販売・修理をしてきたので良くわかります。
最近EV車をご購入されて、太陽光発電の余剰電力で充電するとお得ですので15年保証のパナソニックのパワコンへの買い替えと発電量・消費量・売電量がわかる太陽光モニタもお勧めしました。
011_20231130162038047.jpg


外には接続箱と、今は電力量計もスマートメーターになり売電メーターは不要になっていますが、ほとんどのお宅は残置されたままです。(左のメーターは不要です。)
02_202311301617466d6.jpg


パワーコンディショナーの取替をする場合は必ず事前に屋根の上の太陽電池モジュールの良否を見る必要があります。
せっかくパワーコンディショナーを交換しても太陽電池がだめなら、交換しても無駄になるので。
今回の測定結果は、電圧・IVカーブ共に良好でした。
03_202311301617533d8.jpg



今回の作業内容
①既存接続箱を取外し、その場所に接続箱機能付き屋外用パワコン取付
②不要な売電メーターを取り外して屋外用BOX取付
③屋外用BOXの中に主幹ブレーカー取付、その二次側に屋内分電盤・太陽光連系用ブレーカー接続
④主幹ブレーカーの一次側赤・黒相配線に「電力計測ユニット」の電流計測CTを取付
⑤屋内パワコン・屋内連系ブレーカー取外し(屋内連系から屋外連系に変更)
⑥屋内パワコン取外し跡にアルポリ板で化粧カバー取付
⑦屋内に「太陽光モニタ」設置(ワイヤレスなので電波が届く範囲なら移動自由)
05_202311301617511ac.jpg


屋外BOXの中の左端の装置が「電力計測ユニットVBPW277」で「太陽光モニタVBPM277C」と無線で通信します。
06_20231130161751f46.jpg


屋外の工事完了
07_20231130161757686.jpg


屋内の工事完了
08_20231130161756106.jpg


太陽光モニタVBPM277C
屋外BOXの中の電力検出ユニットから送られてくる電波で、現在の発電量・電力消費量・売電量が一目でわかります。
これまでは、現在の発電量しかわかりませんでした。
これからは、電気が余って売電している時間帯にEV充電することをお勧めしました。
09_202311301617560c7.jpg


お客様への取扱い説明
EV車の日産サクラをご購入されてガソリンスタンドに行かなくてよくなり喜んでいらっしゃいました。
太陽光発電の余剰電力で充電すると、経済的にも満足されると思います。
10_20231130161748e28.jpg



お客様には、大変感謝いたします。
ありがとうございました。


by、ひろし




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひだまりブログ

Author:ひだまりブログ
 株式会社ハマイ(http://www.555-801.com/)のブログです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR